マルチディスプレイ環境でPresViewerを使用されるときは、事前にWindowsの設定を調整すると、聴衆の注意をそらす原因を排除できます。必須ではありませんが、PresViewerの導入時には、Windowsの設定を見直すことをお勧めします。

Windowsの設定画面を表示する

「スタートボタン」 をクリックしてから、Windowsメニュー左端の「歯車アイコン」 をクリックしてください。

「ディスプレイ」設定

「システム」をクリックします。「ディスプレイ」の設定が表示されます。

「ディスプレイ」の設定画面が表示されます。

設定1 表示画面の拡張

「ディスプレイ」の設定画面が表示されたら、下へスクロールし「マルチ ディスプレイ」を見つけます。

「複数のディスプレイ」項目を、「表示画面を拡張する」に設定します。※ 3台以上のモニターを使用している場合は、操作用のモニターと公開用のモニターの2系統が使用できるように設定してください。

設定2 操作用ディスプレイの選択

次に「ディスプレイの選択と整理」を確認します。「ディスプレイ」の設定画面の先頭に戻ってください。

「ディスプレイの選択と整理」 には、 四角枠で囲まれた「1」「2」のような数字が表示されています。これは、PCに接続されている各ディスプレイを指しています。PresViewerの「操作用ディスプレイ」(ファイルの選択・表示操作に使うディスプレイ)のディスプレイ番号をクリックしてください。

(ディスプレイの番号が分からないときは、右下にある「識別」ボタンをクリックしてください。各ディスプレイ上に番号が表示されます。)

設定3 メインディスプレイの指定

もう一度 「マルチ ディスプレイ」の設定を確認します。同画面を再び下へスクロールし、 「マルチ ディスプレイ」へ移動してください。

「マルチ ディスプレイ」の 「これをメイン ディスプレイにする」項目にチェックが入っていることを確認します。入っていないときはチェックを入れてください。

これでディスプレイの設定は終了です。設定画面左メニューの 「ホーム」 をクリックし、「Windowsの設定」画面に戻ってください。

「タスクバー」設定

次に、タスクバーの設定を行います。「Windowsの設定」画面にある『個人用設定』をクリックしてください。

次に、左メニュー下側にある『タスク バー』をクリックしてください。「タスクバー」設定画面が表示されます。

表示されたら下へスクロールし、「マルチディスプレイ」の「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」という項目を見つけます。この項目を「オフ」にしてください。

これで設定は完了です。設定画面を閉じて、PresViewerをインストールしてください。