このページでは、PresViewerの基本操作方法についてご説明します。

PresViewerの起動

手動起動

デスクトップにあるアイコンをダブルクリックすると、PresViewerが起動します。

※インストール時に「Create a shortcut on desktop」にチェックを入れなかった場合、起動用アイコンはデスクトップ上に作成されません。Windowsの「スタートボタン」 からメニューを開き、「PresViewer」をクリックしてください。

自動起動

「設定」画面で「自動起動」項目を設定すると、PresViewerはWindowsログインと同時に自動起動します。この場合、起動のための操作は必要ありません。

起動の確認

起動すると、タスクトレイ(Windowsの日付時刻の左側)にPresViewerのアイコンが表示されます。

表示されていない場合、アイコンが隠れていることがあります。タスクトレイの左側のをクリックしてみてください。

画像を表示する

「ドラッグ&ドロップ」による表示

PresViewerが起動すると、「操作用ディスプレイ」の右上に「ファイルドロップダイアログ」が表示されます。

エクスプローラーを使って、表示したい静止画・動画を見つけたら、このダイアログにドラッグ&ドロップしてください。

※複数のファイルをドラッグ&ドロップすることもできます。ファイル名順に表示されます。

ドラッグ&ドロップすると、PresViewerは静止画/動画のサイズを自動調整し、「公開用ディスプレイ」上に最大化して表示します。動画は表示と同時に自動再生されます。

「ESCキー」で画像を閉じる

表示された画像は、キーボードの「ESCキー」をクリックすることで、いつでも閉じることができます。

「操作パネル」

画像を表示すると、「操作用ディスプレイ」の右下に「操作パネル」が表示されます。

ただし、「公開用ディスプレイ」と「操作用ディスプレイ」を一つのディスプレイで兼用している場合、「操作パネル」は表示されません。

静止画表示時

静止画表示時には、「操作パネル」上にファイル名が表示されます。

表示された静止画は、キーボードの「ESCキー」クリックで、いつでも閉じることができます。「操作パネル」の閉じるボタンも使用できます。

動画再生時

動画再生時には、「操作パネル」上にファイル名と、現在の再生時間/動画の全体時間 が表示されます。

表示された動画は、キーボードの「ESCキー」クリックで、いつでも閉じることができます。「操作パネル」の停止ボタンをクリックすると、動画再生を中断し、動画を閉じます。

複数画像再生時

複数画像再生時には、「操作パネル」上に (前へ戻る) (次へ進む)ボタンが表示されます。次の画像を表示したり、前の画像に戻ったりすることができます。

最後の画像が表示されているときに ボタンをクリックすると、画像を閉じ、表示を終了します。